アカギレにならないよう対策も必要

 

冬は手荒れが気になる季節です。肌が弱い人はアカギレになりやすく、毎年つらい思いをしているのではないでしょうか。

 

アカギレは確かに病気とも違いますし怪我とも言えませんが、悪化すると指先がヒビ割れて血が出てきたりなど生活に支障をきたします。

 

快適に生活をしたいのであればアカギレを予防するしかありません。アカギレの原因は肌の乾燥です。

 

肌が乾燥している=潤いが足りない、ということですから、潤いが不足しないよう気をつける必要がります。

 

やたらと手を洗わない

 

お湯や石鹸は手の潤いを奪ってしまうため、できるだけ手を洗わないようにしておきましょう。

 

とはいえ不潔なまま放置することはできませんので、“手が汚れる作業はいっぺんにする”など工夫をするとよいかと思います。また、水で充分な時は水で手を洗うこと。

 

手袋を使う

 

水仕事をする時は手袋を使いましょう。指先の感覚がないと不安なのであれば薄手の手袋をオススメします。

 

手が荒れやすい作業をする際に手袋をつけることで、よりアカギレを防げるのです。

 

部屋を加湿する

 

空気が乾燥していると肌も乾燥しやすくなるため、部屋を加湿するのは有効な手段です。試してみるといいでしょう。