ドライアイは普段より注意が必要

 

冬は空気が乾燥しているため、ドライアイを招きやすくなります。放置しておくとドライアイはどんどん進み悪化していってしまいます。

 

それ以外の季節ではごく普通に過ごしていても、冬が訪れた途端にドライアイになるということも珍しくはありません。

 

さて、もしドライアイになってしまったらどうすればいいのでしょうか。

 

眼科へ行く

 

診察をして目薬を処方してもらうのがいちばんですね。眼科へ行くのはなにかと面倒に感じるかもしれませんが必要なことです。

 

市販の目薬ではドライアイを補いきれないこともあるため、一度は受診しましょう。

 

まばたきの回数を増やす

 

まばたきの回数が少ないのもドライアイの原因です。疲れるかもしれませんが意識的にまばたきをし、回数を増やしてあげて下さい。

 

アイマスクを使う

 

薬局などで目を温めるタイプのアイマスクが販売されています。

 

このアイマスクは意外と効果があり、アイマスクを使って目を温めることで必要な油が分泌されやすくなるのです。

 

いくつか購入しておくといいでしょう。

 

部屋を加湿

 

乾燥に対抗するならば加湿は必須。加湿器などを使い部屋の湿度を少し高くしてあげましょう。

 

ドライアイはなにかと厄介で面倒なもの。ですが、だからといって手放しにするのはいけません。

 

しっかりと向き合ってドライアイを乗り越えていきましょう。