湿度対策は事前にしよう

 

有効的な湿度対策は「除湿機を稼働させる」「エアコンのドライをつける」などです。湿度を低くすることでカビやダニを未然に防ぐことができます。

 

ですが、ただ除湿機を稼働させていればいいというわけではありません。家具の配置などに工夫を加えなければ、やはりカビやダニは発生してしまいます。

 

・家具や家電はできるだけ壁と離して設置する。

 

カビやダニの原因の1つに「風の通りが悪い」、というものがあります。

 

家具や家電と壁の隙間が狭すぎると風の通りが悪くなり、どんどんカビが発生するのです。ですから必ず隙間を用意し、風が通るようにするといいでしょう。

 

・ヒノキのすのこを使って物を底上げする。

 

気づいたら押し入れの中にカビが生えていたことはありませんか?

 

ずっと使い続けていた布団はどうでしょうか?カビは生えていませんか?もし思い当たる節があるなら、すのこを使って底上げして風を通してあげましょう。

 

すのこはホームセンターで販売されており安価で購入できます。規模のあるホームセンターなら大きなすのこも販売されているでしょう。

 

・窓や扉や押し入れはできるだけ開けておく。

 

閉めっぱなしにしておくと湿気がこもってしまいます。

 

カビが生えやすくなりダニも湧きやすくなるため、これらはできるだけ開けておいて下さい。

 

ただし雨が降っていたり外の湿度が高かったりする場合、窓を開ける必要はありません。